平成29年度第7回「消費者市民力アップ講座」・「修了証書授与式」を実施しました

楽しい旅行になるはずが…

 

日時:2018(平成30)年2月15日13:30〜15:30

場所:長崎県庁新庁舎会議室311号

講師:弁護士 三宅敬英、諫早市消費生活センター相談員 羽田稲子

受講者:26名

◆講座の内容◆

諫早市消費生活センターの羽田稲子相談員が旅行サービスの3つの特徴についてクイズを交えてトラブル事例を解説しました。また配付した「見守り新鮮情報」(国民生活センター発行)をもとに無料日帰りバス旅行の事例にも触れていました。

三宅敬英弁護士は昨年3月に破産した「てるみくらぶ」を例に、業者の見分け方や広告のチェックポイント、あやしい業者と契約するときの支払い方法などを具体的に説明されていました。さらにトラブルへ対処する際に役立つ旅行業法や消費者契約法についても紹介されていました。

三宅弁護士は、最後にご自身がネットを利用してアメリカのラスベガスで挙式するまでの顛末を話され、気迫と笑いに満ちた講義が終了しました。

◆修了証書授与式◆

講義終了後、7回すべての消費者市民力アップ講座に出席された受講者3名に当法人井手理事長が修了証書と「くらしの豆知識」をお渡ししました。受講者からは感謝のことばとともに、社会に出る前の高校生にぜひこのような講座を実施すべきとのありがたいご意見もいただきました。

最後に、井手理事長が、受講者に対しては長期にわたる受講について、講師や運営スタッフに対しては講座運営への協力について、お礼を述べ、来年度の講座の受講や当法人への参加をお願いして終了となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)