令和3年度消費者市民力アップ講座(第2回)

2021(令和3)年10月5日(火)に今年度第2回消費者市民力アップ講座を開催しました。

今回は、「最近の消費者トラブル~便利なネット社会の裏に~」と題し、長崎県消費生活センター野口宏子消費生活相談員より、架空請求・定期購入・情報商材のトラブル事例の問題点と対応方法の紹介があり、各世代ともネットをきっかけとしたトラブルが近年多発しており、表示を鵜呑みにせず疑う気持ちを持つことが大切であるとの注意喚起がありました。

また、長崎県弁護士会加藤貴大弁護士より、消費者トラブル事例の解説と法的対応についてご講義頂きました。加藤弁護士からは、インターネットは自分達の生活になくてはならないものだが、不正に利益を得ようとする人もいるため、危険から身を守り上手に使用することが大切であるとの話がありました。

講義終了後にはネットオークションの対応について参加者から質問が出る等質疑応答を含めて大変有意義な講座となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。